つらいパンプスによる立ち仕事...楽にする5つの方法を紹介します!


パンプスを履いたままのによる立ち仕事は、足への負担が大きく、「つらい…」と感じる方もいるが多いのではないでしょうか?

つま先の痛みや足のむくみを我慢しながら、何時間も仕事をするのは大変なことです。


本記事までは、パンプスによる立ち仕事が楽になる5つの改善策をご紹介します。

少しでも日々の負担を減らせるように、参考にしてみてください。


パンプスによる立ち仕事は悩みが多い


パンプスによる立ち仕事は、いろいろと悩みが尽きません。改善への行動を起こす前に、まずは自分がどういったポイントに悩んでいるのか、よくある事例から確認していきましょう。


足が痛い

パンプスによる立ち仕事で、最も多いトラブルとも言えるのは足の痛みでしょう。

特に、ヒールによりつま先が痛む方は珍しくありません。


慣れていないパンプスだと、かかとの靴擦れや親指や小指に水ぶくれができる方もいます。

ひどいケースだと、外反母趾や内反小趾などのトラブルを起こすこともあります。


足がむくむ

立ち仕事をしていると血液やリンパの流れが悪くなり、次第にふくらはぎや足がむくみます。

足がむくむと痛みと共に、疲れも感じるため長時間の立ち仕事が憂鬱になるでしょう。

帰宅後、そのままむくみを放置してしまうと翌日も足のだるさを感じます。


パンプスの寿命が短い

同じパンプスを週5日履いて働いている場合、早く劣化が進んでしまいます。

履く頻度の少ないパンプスと比べると、傷付いたりヒールが削れたりする機会が多くなるため、必然的に寿命が短くなるでしょう。


また足の汗などにより中敷きもへたるのが早くなるため、購入時よりも足にフィットせず履き心地に影響を及ぼします。


パンプスでの立ち仕事を楽にする5つの方法


「パンプスでの立ち仕事がつらい」と感じている方は、以下で紹介する方法を試してみてください。


つま先のデザインを足に合わせる

パンプスのつま先は、ラウンドトゥやアーモンドトゥ、スクエアトゥなど数種類あるため、足にフィットするものを選びましょう。

つま先の形とデザインが合っていれば、痛みの軽減に繋がります。


詳しくは、こちらの記事を参考にしてください。

パンプスの選び方に悩んだら?自分に合ったパンプスを探すコツ


ヒールの高さを低くする

ヒールの高いパンプスを履いている方は、2~3cm程度のローヒールを試してみましょう。

ヒールが高いときよりも、つま先への負担が減り痛みも和らぎます。


また、かかとの傾斜も注目してもらいたいポイントです。

かかとからつま先に向かって急傾斜になっているパンプスは、つま先への負担が大きくなるため、傾斜が緩やかなものを履いてみてください。


サイズとワイズの合うパンプスを選ぶ

つま先からかかとまでのサイズ(長さ)と、足の親指と小指の根元にある出っ張っている部分を一周したワイズ(足囲)が合うパンプスを選びましょう。

サイズかワイズ、どちらか一方しか合っていないパンプスは、足とフィットしているとは言えません。

つま先や親指、小指、かかとなどの痛みに繋がるため、パンプスを選ぶ際はしっかり確認しましょう。


詳しくは、こちらの記事を参考にしてください。

幅広タイプのパンプス選びは難しい…選び方のポイントと対処方法を解説

柔らかい生地のパンプスを選ぶ

立ち仕事は足がむくみやすく、夕方にはパンパンになって痛みを伴うケースがあります。

足のむくみによる痛みや窮屈感を和らげたい方は、パンプスの生地にもこだわってみましょう。


パンプスの生地は本革と合皮の2種類がほとんどとなり、加工方法や仕上げ方によって、スムースやスエード、エナメルに分類されます。

エナメル素材のパンプスは柔軟性が感じられないため、立ち仕事で痛みを感じやすい可能性があることは把握しておきましょう。


一方、本革のパンプスは履いているうちに足に馴染んでくるところが特長です。

立ち仕事に履くパンプスは、エナメルを避けて本革を選ぶと楽になるでしょう。


詳しくは、こちらの記事を参考にしてみてください。

パンプスの素材は5種類!特徴と季節ごとのおすすめを紹介


別売りのインソールを活用する

インソールは、衝撃を吸収してくれるクッション性に優れているものや、土踏まずの凹凸に合わせたものなど、多くの種類があります。

また、かかとやつま先といった部分のみに絞って使えるインソールもあります。

つま先専用のものは、足先の滑りを防いだり痛みを緩和してくれるのが特徴的。かかと専用のインソールなら靴擦れやかかとがパカパカしてしまう状態を改善できる可能性があります。


立ち仕事のパンプスにおけるトラブル対処方法



消臭スプレーで臭いケアをする

パンプスの臭いが気になるときは、消臭スプレーで対策しましょう。

帰宅後は通気性のいい場所に保管し、中敷きは定期的に新しいものに取り替えます。


詳しくは、こちらの記事を参考にしてみてください。

パンプスが臭いときはどうしたらいい?においを消す方法と予防法を紹介


メンテナンスに出す

パンプスは、靴の修理屋さんなどでメンテナンスをしてもらえます。

ヒールが削れてしまったときや、中敷きが破れてしまったときなど相談してみてください。


日常的な汚れや雨などによる革のトラブルを防ぐために、防水スプレーしておくのも長く履き続けるためのポイントです。


毎日立ち仕事でパンプスを履くならオーダーメイドパンプスがおすすめ


毎日のように立ち仕事でパンプスを履く方は、ヒールの高さや素材といった部分に着目し、自分に合ったものを選んでみましょう

AYAMEのオーダーメイドパンプスはお客様の足を3Dスキャンし、専用の靴型を作製しています。

職人が丁寧に仕上げた足にしっかりフィットするパンプスを、月額5,500円(税込)のサブスクプランでご提供。

メンテナンスもサブスクプランに含まれているため、1足のパンプスをお手入れしながら長く履いていただけます。


履きやすくお気に入りのパンプスの寿命を気にせず履けるのは、立ち仕事をしている方にとって安心感に繋がるでしょう。

つま先のデザインやヒールの高さと太さ、革の色まで、全てあなたの足と希望に合わせて組み合わせ可能です。

ぜひ立ち仕事に適したAYAMEのパンプスを、お客様自身で体感してみてください。