奥さんに怒られた旦那が
パンプスを身をもって体験してみた

 「デートで長距離を歩かせてしまい、女性の機嫌を損ねてしまった」こんな経験を持つ男性は珍しくありません。しかし、女性の大変さを知らない男性にとって、相手が不機嫌になった理由が分からないのは無理もないでしょう。

 女性の大変さを少しでも理解するためには、その身をもって経験するのも一つの手!そこで、街歩きデートで奥さんを不機嫌にしてしまった男性が、反省と女性への理解を深めるためにパンプスに挑戦してみました。また今回の体験記にあたり、オーダーメイドパンプスを作るサービス「AYAME」の全面協力で分かった、自分に合ったパンプスの履き心地も紹介します。

パンプスを履いてデートコースを歩いてみた

「パンプスってどれだけ辛いんだろう」

 そんな疑問から生まれた今回の企画。女性の気持ちを少しでも理解するため、30代男性が実際にパンプスを履いてみました。27cmのパンプス探しに始まり、デートスポットとして人気の神楽坂を1万歩も歩いた体験記をご紹介します。

 

パンプスを履くパートナーがいる方は、ぜひともご一読ください。

パンプスをたずねて10店舗

 まずはパンプスを探しに街へと繰り出しました。しかし、27cmのパンプスを取り扱っている店がなかなか見つからない! パンプスを履く前に歩き疲れそうです。

 

 「僕が履けるパンプスを探しているんですが、27cmってあります?」パンプスを買うために10店舗近く探し回りましたが、どの店員さんからも変な目で見られた気がします。

 パンプス購入のついでに、パンスト(パンティストッキング)も選んでみました。ひと口に「パンスト」と言っても、商品ごとに特徴が異なるようです。

  • パンティストッキング:パンツ部分まで覆う形状で種類が豊富な一方で、着脱に手間がかかり伝線しやすい

  • セパレートストッキング:着脱が簡単にできるが、ずり落ちることもあるのでガーターベルトが必要な商品もある

 裸足でパンプスを履く方もいるようですが、パンストを穿くことで足の臭いやムレを防ぐほか、靴擦れのダメージを緩和させる効果も得られます。「靴下じゃあダメなの?」と店員さんに相談しましたが、靴下の厚みで足のサイズが変わり、パンプスが窮屈に感じてしまうこともあるのだとか。たくさん歩く予定なので、素足では無くムレにくいパンストを購入しておきました。

 やっと見つけた27cmのパンプス。実際に履いてみると、思わず「おぉ!視点が高い」と声に出してしまいました。同時に、いつも猫背の私も背筋がシャンと伸びた気がします。街中で履くと恥ずかしさもありますが、脚が長く見え、気分も上がります。

 今回の目的地である「神楽坂」へと、歩を進めました。

 つま先立ちのまま歩く感覚と言うのでしょうか。つま先の部分に窮屈さを感じ、さらにはかかとの着地も不安定です。かっこいいOLのようにカツカツと歩く姿をイメージしていたのですが、最初の数歩でいきなり足を挫いてしまいました。

 「出鼻を挫かれるとはこのことか!?」と、開始早々に嫌な予感が……。

 ホームに続く階段で「歩き辛いかな?」と思いましたが、つま先だけで上がるため特に違和感はありません。逆に階段を降りる時は、慎重にならざるを得ませんでした。かかとの位置が高いので、階段を踏み外すと前に転げ落ちそうになります。
 

 何か良いことでもあったのか、電車を待っていた私の周囲では笑い声が絶えません。少し歩いただけで脚が疲れてきたため、電車に乗ったあとはすぐに座りたくなりました。今までの奥さんとのデートで「なぜすぐに座ろうとするんだろう」と疑問でしたが、パンプスは少し歩いただけでも、いや、立っているだけでも疲れます!
 

 電車に揺られること数分、神楽坂に到着しました! 神楽坂について簡単に紹介しておきます。神楽坂は東京の新宿区に位置しており、東西線・JR「飯田橋駅」や東西線「神楽坂駅」からほど近い場所にあります。かつては数多くの料亭が立ち並び、太鼓持ちや芸者・芸妓の方達を呼んで宴が開かれていました。今では芸者・芸妓の方の数は少なくなりましたが、粋な江戸の面影が随所に見られ、雑貨屋やレストランなど、歴史ある街並みと現代の姿が調和しています。
 

 これまでに経験したことのない“歩きにくさ”を徐々に感じるようになりました。平坦な道でも坂道でも、パンプスのかかと部分がパカパカし、脱げそうになることもしばしば。せっかくの街並みも、足元が気になって全然楽しめていない気がします。
 

石畳は危険!!!

 神楽坂といえば、風情ある石畳。しかし、ルンルン気分で歩こうとするも、でこぼこの道はパンプスだと歩きにくい! 靴が脱げるだけならまだしも、これは捻挫する危険性もあります。

 写真には写っていませんが、ハイヒールを履いた女性たちが目の前を颯爽と歩いていく姿を見て、呆然としました。もしかしたら、歩き方かパンプスのサイズに問題があるのかもしれません。
 

歩きはじめて数分で足に違和感が

 飯田橋駅から神楽坂駅までの道のりで、まだ半分にも満たない地点で足が痛くなってきました。窮屈さを感じていたつま先はもちろん、かかとのスレもじわじわと効いてきます。痛みを感じる部分は少し赤みがかっていますが、怪我というほどでもありません。しかし、「もう歩きたくない」と思わせる違和感がどうしても拭えません。

風情あふれるスポットなのに全然楽しめない!

 神楽坂には石畳やお店だけでなく、レトロな雰囲気が漂う小道もあります。ただ、痛みに耐えながらの歩行は、周りの景色を楽しむ余裕もなく、階段を上るのにも手をついてしまう有り様です。今まで奥さんが何も言わずにデートに付いてきてくれていたことを思うと、申し訳ない気持ちも湧いてきました。
 

パンプスを脱ぐと凄く気持ち良い

 歩いては休み、歩いては休みを繰り返し、少しずつ神楽坂を上がっていきます。初めは周囲の目線が気になっていましたが、そんなことを考える余地がないほどに足が痛い。もはや「足が痛いことしか考えられない!」と言っても過言ではありません。
 

 休むたびにパンプスから足を出していましたが、かかとだけ脱ぐだけでもかなり楽になります。「そういえば、喫茶店や電車内で同じようなことをしている女性を見たなぁ」と思い出しました。中には「だらしない」などの意見を持つ人もいるかもしれませんが、そんな方は一度パンプスを履いてみてください! 脱ぎたくなる気持ちが物凄く分かります!
 

 ようやく折り返し地点の神楽坂駅に到着。近くには “女性の願いを叶えてくれる” と言われる赤城神社があるので、占いやパワースポット好きの奥さんを誘ってみたいと思います。もし、私が女性なら “パンプスの痛みを無くして欲しい” と願っていたかもしれません(笑)
 

 神楽坂駅から折り返して再び歩きはじめましたが、行きと違って帰りの下り坂で足が悲鳴を上げました。平坦な道ですらつま先が窮屈でしたが、下り坂はつま先の負荷が増大!「もう歩けない」という思いがありつつも、早く帰りって解放されたい気持ちが勝り、なんとか足を前に進めました。
 

ようやくゴール!たった3時間の散策で足が大変なことに

 3時間ほど神楽坂を散策し、ようやく出発地点でありゴールの飯田橋駅に到着!足早にベンチへと向かいパンプスを脱ぎましたが、足の状態をチェックしてみると悲惨なことになっていました。まず「かかと」ですが、パンプスがカパカパしていたせいか、アキレス腱のところが赤くなり、ヒリヒリした痛みが続いています。次に「つま先」の部分は赤というよりも紫に近いです。鬱血(うっけつ)していたのか、全体が青紫色をしていて、パンプス内で擦れていた小指や親指が赤くなっていました。歩いている時は、足がここまでダメージを負っていたことに気がつきませんでしたが、1万歩ほど歩いただけでここまでの状態になっていたのは驚きです。
 

街歩き終了

 立っているだけでも足が辛いパンプス。これまでの奥さんとのデートでは歩くことも多くありましたが、平然と楽しんでいる姿が今では信じられません。帰宅後、奥さんから「歩き方が悪いのか、パンプスが合ってなかったんじゃない?」と言われました。確かにパカパカして歩き辛く、かっこよく歩けていなかった気がします。「ただの履き物でしょ?」と思っていたパンプスですが、奥が深いようです。
 

パンプスを履くと背筋が伸びる

いざ街歩きへ出発

電車で新たな発見

神楽坂に到着!

カパカパして歩きにくい

折り返し地点の「神楽坂駅」に到着

登りよりも降りの負荷がヤバい

自分の足に合ったパンプスを履いてみた

 神楽坂の散策後、“自分に合ったパンプスを履いてみたら違うのかどうか”を確かめるために、オーダーメイドでパンプスを作ってくれるサービス「AYAME」で、私の足に合ったパンプスを作っていただきました。3Dスキャンで足の正確な形を計測し、1ヶ月ほどで自分にぴったりと合ったパンプスが完成。ヒールやアッパー、アウトソールなどの色・柄や素材を自分好みに選ぶことができ、8900万通りの仕様があるらしく、自分だけの一足として愛着も湧きます。
 

パカパカしない

 オーダーメイドパンプスを実際に履いてみると、全然カパカパしないことに驚かされます。市販のものよりも足の側面をホールドしてくれるため、凄く歩きやすい! 颯爽と歩くOLのように、スタスタと歩けました。
 

ちょっと走ってみました

 AYAMEのサービスで完成したパンプスを履いていて、ふと「走れそう」と思い、試しに走ってみました。横幅のあるヒールをつけてもらったので、足首を挫くこともなく、ちゃんと走れたのは感動です!また、立っている状態も辛くなく、徒歩や走る際の痛みもほとんどありませんでした。

 人によってパンプスの悩みや原因が異なるかもしれませんが、私の場合は“パンプスの形が自分に合っているかどうか”が履き心地を左右しているようです。
 

 自分の足に合ったパンプスが見つからず困っている方は、オーダーメイドのパンプスを試してみても良いかもしれませんね。
 

オーダーメイドパンプスのココが良い!

 オーダーメイドで自分だけのパンプスを作ると、どのようなメリットがあるのでしょうか。AYAMEのサービスでパンプスを作る際の利点を以下にまとめてみました。

 

  • 色や柄、素材を手軽に選べる

  • 人と被らずにオリジナルの一足が手に入る

  • パンプスの悩みが解消できる

 

 まず、パンプスを作る際に色・柄・素材を選べるのが嬉しいポイント。どうやら8900万通り以上の組み合わせが可能なのだとか。そのため、ほかの人と被ることなく自分好みの一足が手に入ります。さらに、サブスクリプションモデルでのサービスを展開しており、月額5,500円でヒールや中敷の交換をはじめ、傷がついてしまった場合の修理なども対応してくるのです。

 また、新型コロナウイルスの影響もあり、店舗に足を運ばなくてもオーダーメイドのパンプスが注文できるサービスもあります。在宅で足のサイズを測れる「3D計測セット」の貸出も行なっており、安全かつ手軽にオーダーできるのは嬉しいポイントですね。

結論、パンプスはめちゃくちゃツライ!

 初めてのパンプスで街の中を歩きましたが、足に合っていないために履いてからすぐに痛みを感じ始めました。「パンプスを履く女性たちは、こんなにも大変な思いをしていたのか」と考えると頭が上がりません。
 AYAMEでオーダーメイドのパンプスを作っていただいた際に、サイズについて尋ねましたが、市販のものだと“幅”と“長さ”の2指標しかないようです。本当にぴったりのパンプスを手に入れるためには、親指の爪の高さや土踏まず、かかとの丸みといった特徴に合わせることが重要だと伺いました。しかし、多くの方が足に合っていないパンプスを履いているため、パートナーが「歩き疲れていないか」「歩きづらそうにしていないか」など、思いやりの気持ちが欠かせません。

 

 私も奥さんへ気配りをしたり、オーダーメイドのパンプスをプレゼントしたりしてみようと思います。