オーダーメイドパンプスで始めるエコな取り組み

当社では、世界で初めて、オーダーメイドパンプスをサブスクで提供するサービス「AYAME」(あやめ)を、2月20日(木)に提供開始しました。「オーダーメイド」は必要なものしか作る必要がないため、環境にやさしくエコな取組としても現在注目を集めています。

 


オーダーメイドパンプスは足にピッタリで環境にもピッタリ
 

■エコな理由1:必要なモノしか作らないので、環境に優しい。

 

同じものを工場で大量に生産することは効率が良く安くものが作れる反面、売れ残ったり、消費者の嗜好に合わないと全く売れないなど大量に廃棄されることもあります。服だけでなくパンプスも同じく消費者の嗜好に合わなかったり、シーズンを逃すと生産国に残ったままで大量に廃棄される事があります。

大量生産・大量消費の局地にあるオーダーメイド。例えば大工さんが作る日本の家もオーダーメイド品そのものです。土地の大きさや形、住む人に合わせて一つ一つ設計して作られています。注文に合わせて設計したり形を整えたりする事に手間が掛かり、オーダーメイドは大がかりな商品でしか実現できないと思われるかも知れませんが、身近なものでもオーダーメイドが可能です。例えば、スーツやパンプス。パンプスについてもオーダーメイドパンプスという商品が存在しています。ひとり一人の足に合わせて靴型を作り革を裁断し、縫製して形を作っていくオーダーメイドパンプスは、必要な部材をお客様のご注文に合わせて調達して靴職人が手作りで作り込みます。AYAMEのオーダーメイドパンプスはお客様の足と地球に優しいパンプスです。

AYAMEのパンプスの作り方を見てみます。お客様が来店されたら足を3Dスキャナでスキャンさせて頂きます。その3Dデータを基に靴型をコンピュータ上で作製して3Dプリンタでプリントします。3Dプリンタは材料を必要な場所だけに足し算して形を作ります。大きな塊を削り出して作り出す従来の手法と比べると削りかすが出ないなど、靴型を作る過程でゴミが全く出ません。また、材料もPLAという植物由来の樹脂を利用しておりエコな材料を使っています。靴型の製作や靴の製作も店舗の工房で行っているため、出来上がった靴を船で運んだり国内の物流を通すこともないため、無駄な移動がありません。


■エコな理由2:材料

パンプスを作るのに必要な一番の材料は革です。残念ながら日本では牛肉の消費量が少ないなどの関係で海外から塩漬けされた牛の皮を輸入しているのがほとんどです。しかし、日本に届いた皮は国内のタンナーと呼ばれる染色業者により染色や乾燥などの作業を経て鞄やベルトなど最終品の種類に合わせた加工が国内でなされます。AYAMEで使っているパンプス向けの革も国内のタンナーにより丹念に加工された国産品です。国内の厳しい環境基準に合わせて各タンナーは操業しており、環境に優しい革に仕上がってきます。

これらの革が浅草の靴向けの革問屋さんに届き、お客様のご注文に合わせて必要量を集めて製作していきます。

他にもパンプスの背骨にあたる中底という底材、都内にある靴材料加工の工場で生産されたものが届きます。ヒール中に入っている部材も国内で製造している材料を利用しています。

こうして、AYAMEのパンプスは国内で広く生産された材料を使いオーダーメイドパンプスを作っています。

お客様に合わせた必要なモノを必要な時に、必要なだけ、まるで自動車工場で車が作られるように無駄なく正確に、国内の靴材を集めてAYAMEのパンプスはひとり一人の足に合わせて作られているエコなパンプスです。

 


【地球に優しいエコパンプスでHappyな毎日を】

このように、AYAMEのオーダーメイドパンプスは、地球に優しいエコなパンプスです。さらに、お客様の足に合わせて3Dスキャンデータを基に靴型を作製するため、今まで以上に足に合ったパンプスをご利用頂けます。このため、買って見たけどやはり足に合わなくて靴箱にしまい込まれてしまうような事はありません。実はこれが最大のエコだったりします。憧れのブランドだから、セールで安くなっていたからと言う事で、無駄なパンプスを購入してしまう、それは、地球にもお財布にも優しくない事だったりします。

AYAMEのオーダーメイドパンプスで、足にも地球にも優しいHappyな毎日を始めて見てはいかがでしょうか。

​東京都中央区日本橋浜町2-9-1

sbtビル402

050-1746-3477

  • Facebook
  • Instagram

©2020 by crossDs japan