【ご愛用者さまからのお声を頂戴しました】
AYAME利用者インタビュー 

AYAMEのオーダーパンプスを履いた写真

「足に合ったパンプスを、一人でも多くの人に履いてもらいたい」

AYAMEは、そんな想いから生まれたフルオーダメイドのパンプスサービスです。スタートから2年が経ち、多くの方にご利用いただいていますが、「本当に足にぴったりなの?」と疑問を持たれる方は少なくありません。

そこで、AYAMEのパンプスをご利用いただいている方にインタビューし、リアルな声をいただきました。

パンプスが足に合わず悩んでいる方、自分だけの特別な一足を探している方は、ぜひご愛用者さまの声を参考にしてみてください。

利用者インタビュー①
【一足履いたら他のパンプスにはもう戻れない|AKさん】

AYAMEの利用者インタビュー、一足はいたら他のパンプスに戻れない

初めに取材を行わせていただいたのは、50代会社員のAKさん。女子スキージャンプの渡邉陽(わたなべみなみ)選手が、パンプスを作っているYouTube動画を見たことがきっかけでAYAMEパンプスを試してみることに。1足目から大変満足され、どうやら2足目も検討中だとか。

詳しいインタビュー内容は下記リンクよりご覧ください。

利用者インタビュー②
【長時間歩く日は迷わずAYAMEのパンプスを|SNさん】

AYAMEの利用者インタビュー、長時間歩く日は迷わずAYAMEのパンプスを

続いては、パンプス歴20年以上というSNさん。男性。靴が好きで、パンプスにも興味があったそうですが、なかなか自分に合うものが見つからなかったとのこと。AYAMEとの出会いは、知り合いのシューフィッターさんからの紹介がきっかけです。足にぴったり合うだけでなく、ヒールの高さや色など、自分好みにできるのもAYAMEパンプスの特徴ですが、実際に履いてみてどのように感じたのでしょうか。

詳しくは下記リンクよりご覧ください。

利用者インタビュー③
【“自分だけのパンプス”で特別感を楽しめる|NRさん】

AYAMEの利用者インタビュー、“自分だけのパンプス”で特別感を楽しめる

最後にインタビューさせていただいたのは、20代のNRさん。これまでパンプスを履いたことがありませんでしたが、「成人式で新しいスタイルにチャレンジしよう」と考えAYAMEパンプスを利用することに。実際に履いてみると友達からの評判も良く、大変ご満足いただいているご様子。オーダにお越しいただいた際に、服装と合わせた靴の色の使い方や特徴などもお伝えし一緒にデザインを検討しました。そのおかげで満足のいく一足にできたのだとか。

詳しいインタビュー内容は、下記リンクよりご覧いただけます。