「“自分だけのパンプス”で特別感を楽しめる」NRさん

 これまでTVやWebメディアなどでも取り上げていただいたAYAMEのパンプス。ただ、フルオーダーメイドと聞いて遠慮される方は少なくありません。

 多くのお客様からお問い合わせをいただいていますが、「実際のところどうなの?」という疑問にお答えするため、日頃からAYAMEのパンプスをご利用いただいている方にインタビューを実施しました。

 第三弾は、成人式のためにAYAMEでパンプスをオーダーメイドした20代会社員のNRさんです。NRさんは初めて買ったパンプスがAYAMEだったそうです。フルオーダーメイドのパンプスを履いてみて感じたことを伺いました。




成人式のコーディネートのためパンプス探し



――AYAMEでパンプスを作ろうと思ったきっかけを教えてください。


 普段はスニーカーばかり履いているのですが、成人式があってその時の服装に合わせるためにパンプスが必要になったんです。色々なお店を回ったのですが、ずっと運動をしていたこともあってか足の横幅が広くて、自分に合うものが見つかりませんでした。

それで、ネットで何か良いパンプスの情報がないか探していたらAYAMEに行き着いたんです。



――実際にAYAMEに来てスタッフの対応など、どのような印象を持ちましたか?


 自分が悩んでいたことを相談すると、すごく親身になってくれたのが印象に残っています。最初はオレンジやベージュの色を選ぼうとしていたのですが、成人式に着ていく予定の服装を説明すると、「靴の色で見え方が変わる」「色で印象を引き締める効果もある」といったことを教えてくれました。一緒にコーディネートを考えてくれて、最終的にネイビーのパンプスを作ることになりました。



――AYAMEのオーダーメイドパンプスは色や素材のパターンがたくさんあるので、迷いませんでしたか?


 そうですね、色だけでもすごくたくさんありますよね(笑)。けど、見本として見せていただいたものが、ツヤのあるものやマットな感じのものなど、実際に使う革の素材になっていたので、どんなパンプスが出来上がるかイメージがしやすかったです。



「AYAMEのパンプスはフィット感が違う」


――成人式にAYAMEのパンプスを履いていき、友達から何か反応はありました?


 周りの友人も私が普段スニーカーばかりでパンプスを履かないことを知っているので、「どうしたの⁉」ってパンプスを履いているだけで驚かれました(笑)。みんな褒めてくれて、どこで売っているのか聞かれましたね。オーダーメイドで作ったことを伝えると「すごく似合っている」と言ってくれて、嬉しい気持ちになりました。



――実際にAYAMEのパンプスを履いてみて履き心地はどうですか?


 AYAMEのパンプスは、すごくフィット感があるなと思いました。実はAYAMEのパンプスを作った後、市販されているパンプスも購入して履いたのですが、全然履き心地が違ったんです。市販のパンプスは小指とか薬指がきつくて歩きにくいし、すぐに痛くなってしまって。

 私は初めて履くパンプスがAYAMEのパンプスだったのですが、オーダーメイドのものと市販のものでは「こんなに歩きやすさが違うんだ⁉」とすごく驚きました。AYAMEのパンプスは歩いても全然疲れないですね。



靴選びではフィット感を重視するように


――初めて履くパンプスがオーダーメイドのものだと、その後の靴選びが厳しくなりそうですね。


 確かにすごく足に気を遣うようになったと思います。それまでは色とかデザイン重視で選んでいたのですが、フィットすると歩きやすいことがわかって、ちゃんと足に合っているかを考えて選ぶようになりました。

 ずっとスニーカーばかり履いていて、服もカジュアルなものばかりだったのですが、パンプスを履くようになって服装の幅が広がり、オシャレをもっと楽しめるようになりました。



――どんな方にAYAMEのパンプスをオススメしたいですか?


 私の友人にも「足が小さくてサイズが無い」など悩んでいる人がいるので、ぜひ紹介したいですね。

 オーダーメイドだと細かく自分の使いたい色を指定できるし、本当に自分が履きたいと思っているものを形にすることができます。“自分だけのパンプス”という特別感も楽しめるので、オシャレが好きな人にはぜひオーダーメイドしてもらいたいと思います。



たくさん歩いても疲れない AYAMEのパンプス

 これまでスニーカーばかり履いていたNRさん。AYAMEでフルオーダーメイドのパンプスを手に入れてから、オシャレの幅が広がったそうです。また、これまでデザインや色を重視していた靴選びからフィット感を大切にするようになり、それだけ大きな影響を受けたご様子。AYAMEのパンプスはたくさん歩いても疲れないと笑顔で話してくれました。

 また、取材後にはAYAMEのスタッフと楽しそうに話し、「パンプスを素足で履く際のコツ」などを質問していました。ちょっとしたことでも気軽に相談できる雰囲気もAYAMEの魅力なのかもしれませんね。

 歩きやすいパンプスが欲しいと思った方は、ぜひAYAMEにお越しください。