パンプスが臭いときはどうしたらいい?においを消す方法と予防法を紹介


仕事から帰ってパンプスを脱いだとき、足元からイヤなにおいを感じた経験がある女性は多いのではないでしょうか。

パンプスのにおいが気になるあまり、飲み会などで座敷に上がることに抵抗を感じている人も少なくはないでしょう。


今回は、パンプスが臭くなってしまったときに試してほしい消臭方法とにおいの予防法を紹介します。

においを気にせず、パンプスのおしゃれを楽しんでいきましょう!


パンプスが臭くなる理由


パンプスが臭くなってしまう理由としては、皮膚から分泌される汗や角質が内部に付着してしまうことが挙げられます。


足の裏には「エクリン腺」と呼ばれる汗腺が多く存在しており、非常に多量の汗をかきます。

その汗や角質などがパンプスに蓄積し、雑菌が増殖することでイヤなにおいの原因となってしまうのです。


雑菌が繁殖したパンプスをそのまま履き続けると、さらににおいが強くなっていきます。

そのため、すこしでもにおいが気になるようになった時点で、早めにニオイ対策をする必要があります。


パンプスの臭いにおいを消す方法

パンプスが臭くなってしまっても、正しく対処すればにおいを消すことはできます。

ここからは、パンプスの臭いにおいを消す方法を4つ紹介します。


消臭グッズを使う

靴のにおいを消したいなら、専用の消臭アイテムを使う方法がもっとも手軽で高い効果が望めます。

香り付きの商品も多いですが、会社や飲食店で使用するなら無香料の消臭アイテムがおすすめです。


パンプス自体が臭う場合は靴にスプレーするタイプ、足のにおいが気になる場合は足に塗るタイプのデオトラント商品が最適でしょう。

商品を購入する手間はありますが、持ち運びが可能で気になったときにすぐ使用できる商品も多いため、非常に便利です。


重曹を入れておく

掃除や料理で大活躍してくれる重曹は、パンプスの消臭にも役立つ便利なアイテムです。

重曹にはさまざまな商品がありますが、消臭効果に差はないので掃除用の安いもので構いません。


使い方は簡単で、こぼれないようにストッキングやお茶パックに入れ、しっかりと口をしめてにおいが気になるパンプスに入れておくだけ。

重曹がにおいや湿気を吸収してくれて、一晩置いておくだけで消臭効果が得られます。


10円玉を入れておく

私たちが毎日使う10円玉には消臭効果があり、パンプスに入れておくことで脱臭効果を得ることができます。

なぜなら、10円玉の95%が抗菌効果の高い銅で作られているためです。


銅は水と反応して銅イオンになり、においの元となる雑菌を分解してくれる効果を持っています。

ほとんどの国の硬貨に銅が使われているのは、銅イオンが雑菌などを減少させる効果を持っているからなのです。


ちなみに、パンプス全体のにおいを取り除くためには、パンプス全体に行き渡るように10円玉を10枚ほど広げて入れる必要があると言われています。

10円玉をパンプスに入れることに抵抗がある場合は、丸めたアルミホイルでも同様の効果が得られます。


パンプスを丸洗いする

消臭アイテムや重曹などを使ってもにおいが取れない場合は、パンプスを丸洗いして汚れをリセットしたほうがいいかもしれません。

革製のパンプスは洗えないと思っている人もいるかもしれませんが、実は布製や合皮製のパンプスだけではなく、本革やスエードの革靴も丸洗いすることが可能です。


パンプスの洗い方はこちらの記事で紹介していますので、洗うときは参考にしてみてください。

 →【パンプス 洗い方】



パンプスの臭いにおいを予防する方法

パンプスの消臭方法と一緒に、においを予防する方法も知っておくと便利です。

ここでは、長く快適にパンプスを使うために知っておきたい、においの予防法を紹介します。


使用後はしっかりと乾かす

パンプスを使用したあと、すぐに靴箱に入れる人も多いかもしれませんが、パンプスは必ず乾かしてから収納するようにしてください。

内側に湿気が残ったまま靴箱にしまったり次の日に使用したりすると、次第に湿気や汚れが蓄積していき、強いにおいの原因となってしまうためです。


一般的にパンプスを含む靴は、しっかりと内部を乾燥させるためにも、2日おきの使用がいいと言われています。

パンプスを何足か用意しておき、2日おきにローテーションで履くようにしましょう。


定期的にインソールを交換する

交換が可能なインソールを入れておき、定期的に交換することもにおいの予防法としておすすめです。

靴に直接汗が染み込まないため、パンプスを長く使えるようになります。


近年は100円ショップで消臭機能付きのインソールが購入できるので、安価なものをこまめに交換しながら使用してもいいでしょう。


通気性のいいデザインを選ぶ

汗をかきやすい体質の場合は、通気性のいいデザインのパンプスを選んでみるといいかもしれません。

かかとが紐になっているデザインやオープントゥのデザインであれば、汗がこもりにくくなってにおいの発生を防げます。


パンプスが臭いことでお悩みならAYAMEへご相談ください!

仕事やお出かけで毎日履くパンプスは、どうしてもにおいが発生して臭くなりやすいアイテムです。

消臭アイテムやにおいの予防法を実践して、お気に入りのパンプスを長く使えるようにメンテナンスしていきましょう!


パンプスが臭いことでお悩みの人は、ぜひAYAMEへご相談ください!

一人ひとりに合ったオーダーメイドパンプスを作成しているAYAMEでは、無制限で中敷きの交換を承っております。

においが気になったときは中敷きを交換することで、いつまでも快適にパンプスを使い続けられるようになります。


また、革の伸びによる調整や革表面のキズ修理、底全面の張替えやヒールのリフト交換もプランに含まれているため、何かトラブルがあったときも安心です。

においを含むパンプスに関するトラブルのフォローは、全てお任せください!


「上質なパンプスが欲しいけど、臭くならないか不安」というときは、ぜひメンテナンスを任せられるAYAMEをお試しになってみてくださいね!