雨ならレインパンプスを活用しよう!選び方や長持ちさせるお手入れ方法も紹介


冠婚葬祭や仕事など、雨が降っていてもパンプスを履かなければならないときは、レインパンプスを活用しましょう。レインパンプスは防水や撥水の加工がされているパンプスなので、雨の中でも歩きやすく不快感も軽減されます。


この記事では、レインパンプスをおすすめしたい方や選び方、お手入れ方法を解説するので参考にしてみてください。


レインパンプスとは?おすすめしたいのはこんな人

レインパンプスとは、雨でも快適に履けるように防水や撥水の加工が施されているパンプスです。

見た目は普通のパンプスと変わらないため、冠婚葬祭や仕事などで履いても違和感はありません。

レインパンプスは、以下のような方におすすめです。


  • 仕事で毎日のようにパンプスを履く方

  • 冠婚葬祭などで、雨でもパンプスを履かなければならない方

  • 天候を気にせずパンプスを楽しみたい方


雨が降っている中で通常のパンプスを履いていると、靴内部が濡れて不快に感じる方もいるでしょう。

しかし、どうしても雨の日にパンプスを履かなければならない方や、天気に関係なくパンプスを履きたい方などは、レインパンプスを活用してみてください。



レインパンプスの選び方


ここでは、レインパンプスを選ぶ際のポイントを解説します。より快適に雨の日を過ごせるように、購入する際の参考にしてみてください。


防水性&撥水性の高さで選ぶ

レインパンプスの素材はさまざまなものがあるので、どの程度の防水性や撥水性を求めているかによって選びましょう。

防水効果を求めるなら、長靴と同じラバー素材のレインパンプスがおすすめです。

他にも、防水性と撥水性の効果に優れている本革や塩化ビニール素材、布製のパンプスもあり、自分の好みに合ったものを選んでも良いでしょう。


ただし、レインパンプスの中には完全防水ではないパンプスもあります。布地の縫い目から雨が浸み込んでくる場合があるので、注意して選んでください。


滑りにくさで選ぶ

雨の日は足元が滑りやすく、転倒する可能性があり危険です。レインパンプスを選ぶ際は、靴底の確認を忘れずに行いましょう。


靴底に溝があったりスパイク状になったりしているパンプスは、滑り止め効果に優れています。またヒールの高すぎるレインパンプスも、滑ったときに足を痛める可能性があるため避けた方が無難です。

レインパンプスを選ぶ際は、ハイヒールやピンヒールを避け、安定感のある太いヒールのものを試してみましょう。


柔らかいものを選ぶ

通常のパンプスと同じように、柔らかくクッション性に優れているレインパンプスは足が疲れにくいのが魅力です。柔らかい素材で作られているパンプスは足あたりもよく、親指や小指に痛みを感じにくいでしょう。


また、雨の日でもパンプスで長時間歩く必要がある方などは、インソールの柔らかさにも着目してみてください。

地面との衝撃が軽減されるので、長時間歩いても疲れにくくなります。


レインパンプスのお手入れ方法


レインパンプスを長く愛用するためには、使用後のお手入れが大切になってきます。

着用後は、正しくお手入れしてから保管するように心がけましょう。


帰宅したらパンプスを拭く

乾いた柔らかい布で、パンプスについている水分や泥汚れを拭き取りましょう。

水分や泥汚れがついたまま保管すると、落ちにくくなったりカビが発生したりする場合があります。


汚れが落ちにくい場合は、柔らかいブラシを使って優しく水洗いをして落としましょう。

洗う際は、変色を防ぐために靴専用の洗剤以外は使わないように注意してください。


十分に乾燥させる

天気の良い日に直射日光の当たらない場所でパンプスを干し、十分に乾燥させてから保管してください。

パンプスの外側と内側共に湿っている状態で保管してしまうと、カビが発生する可能性があるため避けましょう。


ドライヤーやストーブなどの暖房器具の前で乾かすと、熱によりパンプスが傷む場合があります。靴の状態を見ながら、注意しながら乾かしましょう。


消臭スプレーを内側にかける

パンプスの内側に、消臭スプレーをかけてから保管しましょう。

パンプス内が蒸れているとイヤな臭いが発生する恐れがあるため、消臭スプレーによるお手入れをします。

レインパンプスのように防水性の高い靴は、雨を防ぐために通気性が良くありません。そのため、通常のパンプスに比べても蒸れやすくなるので注意が必要です。


また雨が強いときは、レインパンプスを素足で履くこともあるでしょう。

素足だと、靴下などを履いているときよりもパンプス内部が蒸れやすくなるため、しっかり消臭スプレーでお手入れしてください。


ラバー素材なら専用アイテムを使う

高い防水効果があるラバー素材の場合、“汚れ落とし”や“コーティング”などができる専用アイテムでお手入れすると長持ちします。

パンプスの表面を保護し、ひび割れや劣化を予防する効果も得られるので、積極的に取り入れてみましょう。


お気に入りのレインパンプスで雨の日もおしゃれしよう!


雨だと外出や外での仕事が憂鬱になりますが、お気に入りのレインパンプスがあるだけで気持ちが高まります。

着用後のお手入れを適切に行えば、長く愛用できるので素敵なレインパンプスを探してみましょう。


AYAMEのオーダーメイドパンプスは、雨の日にも対応できる革を一部用意してありますが数が少ないです。しかし、革自体は水に弱いという事はありません、水洗いできるぐらいなのでご安心ください。


そこで、雨降り後にパッと気持ちが晴れるような、色鮮やかな本革をご用意しています。

雨が気になる日は、防水スプレーを吹きかけておくと安心です。また、メンテナンスも承っているので、急な雨で革が傷んでしたまった場合も気軽にご相談ください。


通勤時間帯に限ってみれば、以外と雨降りにあう日数は少ないモノです。

雨の日はレインパンプス、晴れの日はAYAMEのオーダーメイドパンプスで、気持ちを切り替えておしゃれを楽しんでくださいね。