疲れないパンプスの特徴は?足の悩み別に選び方も詳しく解説

パンプスはオシャレ度が高く、仕事でも使われている汎用性の高い靴です。

しかし、足に負担がかかるのでトラブルの原因になりやすく、パンプスに慣れていない場合は、靴擦れやタコ、痛みが起こってしまうこともあるでしょう。


そこで、本記事では足に負担がかかるのを防ぐために、疲れないパンプスの選び方について解説します。

とくに仕事でパンプスを履く方は、足のトラブルを避けられるようにポイントを押さえて選ぶ必要があります。お悩み別に適したパンプスも紹介しているため、足の疲れに悩んでいる方はぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。


疲れないパンプスの特徴3つ

疲れないパンプスを選びたいときは、どのような点をチェックすれば良いのでしょうか。

パンプスを購入するときに見るべきポイントについて、詳しく解説していきます。


ヒールがかかとより前にある

ヒールがかかと部分より後ろにある場合、靴擦れが起きる原因になります。

かかとの位置は、低いヒールなら中央寄り、高いヒールの場合は後ろ寄りに位置しているのがベストです。

購入する前に真横から見て、ヒールの位置に問題はないかチェックしましょう。


ヒールが高すぎない

ヒールは高すぎると安定しづらくなるので、5~7㎝程度がおすすめです。

細くて高いヒールはオシャレですが、疲れる原因になります。


立体的なインソール

インソールは柔らかいほうが良いと思いがちですが、ふわふわしている生地は前滑りの原因になるので要注意。

足裏をしっかり保護してくれる、立体的なインソールを選びましょう。

お気に入りのパンプスのインソールが合わない場合は、インソールのみ買い直すのも手です。


疲れないパンプスを選ぶための3つのコツ


パンプスを履くことで疲れてしまうのは、自分のサイズや足型と合っていないことが原因です。

足に負担がかかってしまったり、歩き方が悪くなったりすることによって余計な体力を使ってしまいます。

ここでは疲れないパンプスの選び方について紹介するので、ぜひ参考にしてください。

とくにつま先部分に負担がかかりやすい方は、下記の記事を読んでみてはいかがでしょうか。

 →「もう『つま先が痛い』パンプスは耐えられない!快適パンプスの選び方」


かかとが脱げないか確認

実際にパンプスを履き、かかとが抜けてしまわないかを確認します。

簡単に脱げるときは自分の足に合っていないため、他のサイズを試してみてください。


履き口をチェック

パンプスの履き口に指をねじ込み、ゆるすぎたりきつすぎたりしないかをチェックしましょう。

指が入ってしまう場合はサイズが大きくゆるすぎます。ぴったりサイズな場合は指が入る隙間がない状態になっています。


全体を触る

パンプスを履いた状態で側面を触り、指や関節が出ていないかも見てください。

指が当たりすぎているとトラブルが起こってしまうので、全体を触ってしっかり確認しましょう。

また、つま先に1㎝程度の空洞があると、歩いているうちに痛くなることを防げます。


疲れないパンプスを悩み別に紹介

足型によって合うパンプスは大きく異なるので、自分の足の特徴を理解してから選ぶことが大切です。

悩み別に適したパンプスをまとめたため、足が疲れて困っている方はぜひ参考にしてください。


足の横幅が広い

2E・3Eのようなワイズの広いパンプスを履き、横幅が痛くなってしまうのを防ぎましょう。

また、スウェードやスムースレザーなど、足によくなじむ素材を選ぶのも効果的です。


偏平足

偏平足で足が疲れてしまう方は、インソールが立体的に作られているパンプスを選ぶのがベスト。

土踏まずを支えることにより、歩きやすくなる効果があります。

しかし、インソールのアーチが合っていないと痛みが起こる原因になるため、しっかり試し履きを行うことが大切です。


かかとが脱げてしまう

アンクルストラップの付いたパンプスを選べば、前滑りを防いでかかとが抜けるのを防げます。

また、かかとにクッションがあるパンプスもフィットしやすいのでおすすめです。


足の甲が高い

パンプスの履き口が高く、足の指がすっぽり収まるタイプが適しています。

前滑りにより足の甲が高いと思っている方も多いため、滑りづらいジェルインソールを使ってみても良いでしょう。

また、レザー素材のパンプスを選べば足になじむので、歩きやすくなります。