プロが教える「足が痛くない」「靴擦れしない」パンプスの選び方

試し履きをしたときはちょうどいいと思ったのに、やっぱり足が痛くなったり、靴擦れしたりした経験はありませんか?せっかくデザインが気にいって買ったのに足にトラブルがあると履くのが辛いですよね。


実は人間の足の骨は約200、そのうち1/4の骨が足にあります。足は歩くという人間らしい行為を行うために、体重を分散させ筋肉のバネを補う、身体の重要な部分の一つです。だからこそ靴選びはとても重要なのですが、それぞれの顔や指紋が違うように、足の形も異なるのが当たり前。今回は自分にあった靴選びのポイントを紹介します。



■そもそもなぜ靴擦れするの?

「足が痛くない」「靴擦れしない」パンプスの選び方

 ①ヒールカウンターが硬いものを選ぶ

 ②かかとのフィット感を確認する

 ③足のサイズ(長さ)だけで選ばない

 ④つま先の形を把握する

 ⑤パンプス選びの最終チェック!

■自分の足に合う靴を見つけるの難しい!?新しい靴の選び方


■そもそもなぜ靴擦れするの?

靴擦れが起きるのは「靴の中で足が動いているから」

つまり足のサイズより大きい、もしくは小さい靴を履いていることが原因です。


足に合わない靴を履いていると、歩くたびに靴と皮膚がこすれて摩擦で熱を持つとともに皮と肉が分離します。熱をもった皮膚は体を冷やそうとしてこすれたところにリンパ液が溜まるのです。これが靴擦れのメカニズムです。


その状態を我慢して履き続けると、水ぶくれが破れてさらに痛くなってしまいます。



「足が痛くない」「靴擦れしない」パンプスの選び方

①ヒールカウンターが硬いものを選ぶ

かかとの素材が柔らかすぎると脱げやすく、靴擦れや前滑りの原因になります。

かかとを支える芯(ヒールカウンター)はかかとをホールドして歩行を安定させる役割があります。できるだけ靴の中央付近まで硬いものを選びましょう。


かかとのフィット感を確認する

まずは店内を歩き回ったりつま先立ちをしてみたりして、かかとが靴にしっかりフィットしているのか確認します。

少しでも緩い、違和感があると思ったらそれは靴擦れの原因となってしまいます。

フィットの目安としては小指を1本入れてみるのがわかりやすいと思います。

小指の太さはだいたい5mm程度なのでかかとに小指が入ってしまうほどの隙間があったら下のサイズをお勧めします。

また、パンプスの場合はくるぶしの高さとも合っているか足首を回してみて確認してみましょう。


③足のサイズ(長さ)だけで選ばない

多くの方が23cm、23.5cmなど足の長さだけで靴を選んでいます。

でも実は足の長さが人それぞれ異なるように、足の幅(ワイズ)も異なります。

ワイズとは足の親指と小指、それぞれの付け根にある骨の出っ張り部分を、グルッと一周して測った寸法のことです。アルファベットの「D」を基準に、A~Fで表記されます。

痛いと感じるパンプスの主な原因はこの足の幅が合っていないことにもありますので足と靴の幅が合っているかも確認するようにしてください。


④つま先の形を把握する

足の形は指の長さによって大きく3つのタイプにわかれます。つま先の形によって相性のいいデザインがあるのでご自分の足がどのタイプかぜひチェックしてみてください。





親指が一番長い「エジプト型」

エジプト型は親指が一番長く小指にかけて短くなっていきます。


<お勧めのパンプス>

「オブリークトゥ」

足の内側を頂点に斜めラインを描くつま先のパンプス。エジプト型の足に最も合うとされています。


「ラウンドトゥ」

緩やかなカーブを描くパンプス。体重を分散してくれるので、親指に負担がかかりやすいエジプト型の足に合います。



人差し指が一番長い「ギリシャ型」

ギリシャ型は人差し指が親指よりも長く、三角形のようなつま先の形状です。


<お勧めのパンプス>

「ポインテッドトゥ」

ポインテッドは「とがった」という意味で、その名の通り、つま先が細くとがった靴をいいます。パンプスといえばこの形を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。


「アーモンドトゥ」

ポインテッドトゥまでとがってはいませんが、アーモンドのようにほっそりとしたつま先です。ブーツや男性向けの靴にもよく見られるデザインです。



全ての指がほとんど同じ長さの「スクエア型」

全ての指がほとんど同じ長さのため、つま先が細い靴を選ぶと指を圧迫してしまいます。


<お勧めのパンプス>

「スクエアトゥ」

つま先を横一線でカットしたようなデザインで、指を圧迫せず疲れにくいです。フォーマルシーンにもおすすめのトゥデザインです



⑤パンプス選びの最終チェック!

・ヒールの安定感をチェック!

かかとに重心を置いてまっすぐ立った時に、かかとの中心にヒールが来ているか確認してください。履いた時にぐらつきがないものだとバランスよく体重がかかり疲れにくくなります。


・ヒールが高すぎないかチェック!

ヒールが高くなれば足もきれいに見えるためついつい選びがちですが、あまり高いヒールを履くと足が前に滑って靴擦れしたり圧迫したりしてしまいます。

高いヒールを選ぶときはヒールが太くて安定しているものを選ぶようにしましょう。また、前底が厚いものを選ぶことであまり高いヒールを選ばずとも足が綺麗に見えてお勧めです。


・本当に足に合っているかチェック!

かかとはフィットしていますか?

足の長さや幅は合っていますか?

つま先は圧迫されていませんか?

少しでも気になることがあれば、その靴はあなたに合っていない可能性が高いです。少し窮屈だから、足が痛くなるかもしれないからとワンサイズ大きな靴を選ぶ方がいますが、それは足を痛める原因に!!


■自分の足に合う靴を見つけるの難しい!?新しい靴の選び方

パンプスの選び方をお伝えしてきましたが、チェックするポイントも多く、気に入ったデザインで自分の足に合った靴を見つけられるの??と思いませんか?

冒頭でもお伝えしたように、人間の足の骨は約200、そのうち1/4の骨が足にあり、歩くという人間らしい行為を行うために、体重を分散させ筋肉のバネを補う、身体の重要な部分の一つです。だからこそ靴選びはとても重要なのですが、一人一人足の形も異なるため大量生産された靴から自分の足に合う靴を見つけるのは実はとても難しいのです。


もちろんインソール等でも調整は可能ですが

一番のお勧めの方法は、自分に合った靴を作ってしまうこと!



靴を作るのはハードルが高い!と思うかもしれませんが、今はサブスクリプションで手軽に本格的なパンプスを作ることができるのです!

手軽にと言っても技術は本格的で、3Dスキャンデータを元に靴の形を決める靴型(木型)を一人一人の足にあわせて作る最新の技術を使います。

デザインも豊富で約6400万通りの中からオリジナルの一足を作っていただけます!


気になる方はぜひAYAMEのページをチェックしてみてください。



靴型を一人一人作る本物のオーダーメード3Dパンプス「AYAME」

https://www.hana-ayame.info/