パンプスの捨て方は燃えるゴミでOK?分別とタイミング、処分方法を紹介


どれほど大切に履いていても、パンプスには寿命がきてしまうものです。

履けなくなったパンプスはゴミとして処分することになりますが、「一般的な家庭ゴミのようにゴミ収集に出してもいいのか」「何ゴミに分別すればいいのか」がわからなくて困っている人もいるでしょう。


今回は、パンプスの捨て方や捨てるタイミングについて紹介します。

分別マナーを守った正しい捨て方で、不要になった靴の断捨離を進めていきましょう。


パンプスは燃えるゴミとして捨ててもいい?

パンプスを捨てるとき、真っ先に疑問として思い浮かぶのが「何ゴミとして捨てればいいのか」という問題ではないでしょうか。


スニーカーなどの布製品は燃えるゴミとして捨てられますが、革や金属が含まれているパンプスは燃えるゴミとして捨ててもいいものなのか、判断に迷いますよね。

まずは、パンプスが何ゴミに分類されるのかについて見ていきましょう。

パンプスの処分方法は基本的に燃えるゴミでOK

一般的に、靴全般は「燃えるゴミ」として捨てて問題ありません。

本革やエナメル、布などさまざまな素材のパンプスがありますが、どの素材であっても燃えるゴミとして捨てて構わないケースがほとんどです。


一部金属などがついている場合も少量であれば外す必要はなく、そのまま燃えるゴミとしてほかのゴミと一緒に捨ててしまって大丈夫です。


パンプスを燃えるゴミとして捨てる方法

パンプスを燃えるゴミとして捨てるときは、中身が見える透明もしくは半透明の袋に入れ、ゴミ集積所に出しましょう。

自治体によって異なりますが、段ボールや箱に入れることは禁止されているケースが多いため、可能であれば袋に入れて処分してください。


燃えるゴミ以外のときも!パンプスの分別を確認する方法

ほとんどの自治体でパンプスは燃えるゴミに分類されますが、一部では燃えないゴミやほかの品目として扱うこともある点に注意しましょう。

分別を間違えてゴミを出すと自治体から注意を受けてしまう恐れがあるので、念のため地域のゴミ分別を確認してから判断することをおすすめします。


地域のゴミ置き場に設置されている簡単な分別表のほか、ゴミ分別アプリや役所で配布されるゴミの出し方が掲載されたパンフレットなどでも、靴の分別について確認できます。

わからない場合は、市役所や美化センターなどに連絡して直接質問することも可能です。

パンプスを燃えるゴミとして捨てるタイミングとは?

捨て方がわかっても、大切に使ったパンプスを実際にゴミとして処分することに抵抗を抱く人は多いかもしれません。


「まだ使えるかも…」と古くなったパンプスを保管していると、次第に使わない靴ばかりが増えて靴箱が圧迫されていってしまいます。

古い靴を使わずに詰め込んだままにすると靴箱の風通しが悪くなり、カビやニオイの原因になってしまう恐れがあるため注意しましょう。


また、風水の考えでは3年以上履いた靴をため込むことはよくないとされています。

実用的な面でも気持ち的な面でも、パンプスは定期的に断捨離することが大切なのです。


もしもパンプスを捨てるタイミングに迷ったら、下記を目安に「パンプスの捨てどき」を判断してみてください。


  • シルエットが悪くなってきたとき

  • 傷や変色が目立つようになったとき

  • ニオイが強くなってきたとき

  • 流行が終わって使い勝手が悪くなってきたとき

  • 内側の布が剥がれたり傷んだりしたとき


パンプスに限らず、靴は歩行時の衝撃や摩擦を足の代わりに受けてくれるため、長く履くほどに劣化してしまいます。

「ビジネスパーソンは足元を見られる」と言われるほど靴はよく見られるポイントなので、定期的な手入れやメンテナンスが欠かせません。

しかし、古くてどうしても履けなくなったパンプスはしっかりと処分して、新しい一足を新調しましょう。


なお、パンプスのカビや汚れは洗うことで取り除けるケースがあります。

こちらで洗い方を解説しているので、汚れたパンプスをよみがえらせたいときは参考にしてみてください。


【スエード・革】パンプスの洗い方を素材別に紹介!汚れとにおいを落とすコツ


パンプスを燃えるゴミとして捨てる以外の処分方法

履かなくなったパンプスは燃えるゴミとして捨てることになりますが、なかには「まだ履けるパンプスを捨てるのはもったいない」「思い入れのある一足だから捨てたくない」と思う人もいるでしょう。

そんなときは、捨てる以外の処分方法がおすすめです。


パンプスを燃えるゴミに出す以外で処分したいときは、以下の選択肢があります。


  • 友達に譲る

  • フリーマケットに出す

  • リサイクルショップに売る

  • フリマサイトやオークションサイトで売る


中古なので値段はつきにくいですが、思い入れのあるパンプスを再度ほかの人に役立ててもらうことが可能です。

どうしてもパンプスを捨てたくないときは、上記のような処分方法をお試しください。


パンプスを新調するならオーダーメイドのAYAMEがおすすめ

パンプスは基本的に燃えるゴミに分類され、透明もしくは半透明の袋に入れて一般ゴミと一緒に捨てることができます。

ただし、自治体によって分別方法は異なるため、不安な場合は分別アプリやパンフレットなどで確認しておいてくださいね。


古いものを捨てるタイミングで、パンプスを新調してみるのもいいでしょう。

自分に似合うパンプスを新しくお探しなら、ぜひオーダーメイドパンプスAYAMEまでご相談ください。

AYAMEのパンプスはあなただけにフィットする靴型を使って作られるため、何年経っても快適に使える理想の一足が手に入ります。


サブスクリプションサービスのAYAMEの月額料金にはメンテナンス費用も含まれているので、革の調整や傷修理、中敷交換などもお任せください。

数年ごとに捨ててしまう使い捨てのパンプスではなく、長く人生を共に歩める相棒となってくれるパンプスを、この機会に検討してみてはいかがでしょうか。