パンプスで小指が痛いときの対処法!おすすめグッズも合わせて紹介

好きなデザインのパンプスを購入したけれど、実際に履いてみると小指が痛くなって困っている方も多いはず。

足に負担がかかると歩きづらくなってしまうので、できるだけ早めに解決策を見つけたいですよね。

そこで、今回はパンプスを痛みなく履けるようになる対策について紹介していきます。

ピッタリサイズのパンプスを選ぶコツについても解説しているため、これからパンプスを購入する方も必見です。

小指の痛みに悩んでいた、パンプスの圧迫感をなくしたいと思っていた方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。


パンプスで小指が痛い原因は?


サイズが合っていないパンプスを選んでしまった場合、足の小指を痛めることに繋がります。

大きいサイズを履いても足に負担をかけるので、自分にピッタリのパンプスを見極めることが大切です。

ここでは、小指が痛くなってしまう原因を解説していきます。


つま先の形がマッチしていない

つま先の形は人によって異なるため、自分のタイプを理解してからパンプスを購入する必要があります。

現在はポインテッドトゥのようなスタイリッシュなデザインが流行っていますが、合わない方が無理をして履くと小指を痛めてしまうので要注意。

つま先はエジプト型・ギリシャ型・スクエア型の3タイプに分かれているため、1度確認してみましょう。


前滑りを起こしている

問題なくパンプスを履けた場合でも、歩いているうちに足が前に滑ってしまうことがあります。

前滑りが起きると小指に圧力がかかり、徐々に痛みを感じる可能性もあります。

前滑りを防ぐには、安定感のあるパンプスを選ぶほか、アイテムを活用するのも一つの手です。


ワイズが合っていない

足の横幅を気にかける方は少ないですが、サイズの他にワイズも知っておくとより自分にピッタリのパンプスを見極められます。

ワイズが合わない場合は痛みが起きることもあるため、足幅の1番大きい部分を測って数値を理解しておきましょう。

サイズを上げても窮屈さを感じるときは、ワイズを確かめてみると良いです。


パンプスで小指が痛いときにおすすめのアイテム3つ

小指が痛いときに役立つアイテムを見ていきましょう。

お気に入りのパンプスを負担なく履ける可能性があるので、ぜひ試してみてください。

小さいパンプスのサイズ調整を行いたい方は、下記の記事がおすすめです。

 →「小さいパンプスはどうする?ピッタリサイズで履くための裏技を紹介


シューズストレッチャー

シューズストレッチャーは、窮屈な部分を重点的に伸ばせるアイテムです。

デザインが崩れる心配もないので、お気に入りのパンプスのサイズを調整したい方に向いています。


小指パッド

小指が当たる部分にパッドを入れ、衝撃を和らげる方法もおすすめ。

抗菌や防臭効果が付いているアイテムも多く、利便性の高い点が特徴です。


ジェルインソール

足の衝撃を和らげ、パンプスを快適に履けるようにするアイテムです。

歩いているうちに起こる前滑りも防げるので、途中で痛みが発生してしまう方はぜひ使ってみてください。


小指が痛くならないパンプスを選ぶための4つのコツ

小指に痛みが起こったときの対策について見てきましたが、そもそも自分にピッタリのパンプスを選ぶためには何に気を付ければ良いのでしょうか。

パンプスの選び方について詳しく解説していきます。


生地にこだわる

小指の痛みを防ぎたい方は、パンプスの生地に注目しましょう。

生地に伸縮性があれば足に合わせて伸びてくれますし、クッション性があれば小指が当たっても気になりません。

生地が硬いパンプスは痛みが出やすいので、注意して選ぶと良いです。


ヒールは安定感を重視

パンプスのヒールが高すぎたり、バランスが悪かったりすると足に負担がかかりやすくなります。

前滑りやタコ・マメなどのトラブルが起こる原因にもなるので、ヒールのあるパンプスを選ぶときは安定性を重視しましょう。


フィット感をチェック