【パーティー用パンプスの選び方】華やかさを意識した靴選びのポイントを紹介!


結婚式や二次会、謝恩会など、パーティーに出席する機会はよくあるものですが、その都度ドレスやパンプス選びに苦戦する方も少なくないでしょう。

パーティーであれば、華やかな場に相応しいパンプスがあります。普段履いているパンプスだと、周りから浮いてしまうケースがあるため注意しましょう。

この記事では、パーティー用パンプスの選び方について解説します。


パーティー用のパンプスが必要なシーン


パーティー用のパンプスが必要なシーンには、以下のものが挙げられます。


  • 結婚式

  • 結婚式の二次会

  • 謝恩会

  • 演奏会

  • 発表会


他にも、食事などでドレスコードがあるときもパーティー用のパンプスが必要になるでしょう。ただし、パーティーの内容によっては普段履いているパンプスでも構わない場合もあるので、その都度合わせて選ぶことが大切です。


パーティー用パンプスの基本的なマナー


パーティーにお呼ばれした際に履くパンプスは、手持ちのものから適当に選べばいいというわけではありません。

パンプスを履く際はストッキングを着用するのはもちろんのこと、パンプスのデザインや色、素材、ヒールの高さなどにも注意しなければなりません。


ここからは、具体的なパーティー用パンプスの基本的なマナーについて解説します。


つま先とかかとが覆われている

フォーマルな場面には、つま先とかかとが覆われているパンプスを履くというマナーがあります。特に、結婚式や二次会ではつま先が覆われているパンプスを選びましょう。つま先が露出していると「つま(妻)が先立つ」といった、ネガティブな連想をさせるためお祝いの席では避けるべきとされています。


入園式などでは靴を脱いで過ごす時間が多いため、あまりシビアに捉える必要はありません。しかし、周りの目が気になるといった方は全て覆われているパンプスを選ぶのが無難です。


パンプスの色は単色

パーティーでは単色のパンプスを選びましょう。バイカラーと呼ばれる2色で作られているパンプスも多いですが、フォーマルな場所には適していません。


特に、結婚式や二次会では注意が必要です。このようなバイカラーのパンプスは、2つに別れていることから「新郎新婦の別れ」を連想させてしまいます。


細く高さのあるヒール

ヒールは3cm以上の細いものを選びましょう。ヒールが高いと、ふくらはぎの位置が上がるため、美脚効果も期待できます。華やかさもアップするため、パーティー用パンプスはヒールの高いものがベストです。


逆に、ヒールが低く太いパンプスだとカジュアルな印象を与えます。パーティーの内容や場所によっては、カジュアルなパンプスでも構いませんが、基本的にはヒールが細く高いものを選ぶのが無難です。


妊婦や足の健康に不安がある方は例外


妊婦や外反母趾など足の健康に不安がある方などは、安全と健康を優先してパンプスを選びましょう。無理をしてヒールの高いパンプスを履くと、転倒や症状が悪化する恐れがあります。


そのため、ヒールの低いローヒールパンプスや、全体的に柔らかい素材で作られているコンフォートパンプスを選択しても構いません。これらのパンプスも、パーティーに履いて行けるものが豊富にあります。


ヒールのパンプスに不安を覚える方は、ぜひ負担のないものを選びましょう。


痛くないパーティー用パンプスの選び方


パーティー用パンプスはヒールが高いため、「足の痛みが気になる」といった悩みを持つ方もいます。選び方のポイントを押さえることで、パーティー用パンプスの痛みも軽減されるので見ていきましょう。


かかとからつま先へ傾斜が緩やかなパンプス

たとえヒールが高くても、つま先に高さがあれば傾斜が緩くなり、足の痛みが軽減されます。さらに、傾斜が緩いと歩きやすさもアップするため、ヒールに慣れていない方にもおすすめです。


インソールが柔らかいと痛みや疲れが軽減される

インソール(中敷き)が柔らかく適度に厚みのあるものを選びましょう。歩行時の衝撃を吸収してくれるため、足の痛みや疲れが軽減されます。

インソールは、さまざまなタイプが販売されているので、好みのものを探してみてください。


つま先のデザインが自分の足と合うものがベスト

つま先の形と、パンプスのつま先のデザインが合うか確認しましょう。つま先は、人それぞれタイプが異なります。主なつま先の形には以下のとおりです。


  • エジプト型

  • ギリシャ型

  • スクエア型


これらのつま先の形に合うパンプスを意識して選びましょう。

詳しい選び方は、以下の記事にまとめているのでご自分の足と比べながら参考にしてみてください。


パンプスの選び方に悩んだら?自分に合ったパンプスを探すコツ

もう『つま先が痛い』パンプスは耐えられない!快適パンプスの選び方


おすすめのパーティー用パンプス


ここからは、パーティーにおすすめのパンプスを紹介します。


【色】黒はあらゆるシーンで活躍する万能カラー

黒は、パーティー以外のシーンでも合わせやすいカラーの一つです。かかとにリボンが付いているバックリボンや、甲の部分にビジューが付いているもの、全体的にラメが付いているものなど、デザインも多岐に渡ります。


【装飾】レースやビジューが施されているもの

レースやキラキラ感が華やかなビジューが施されているパンプスは、パーティーで履く方が多い人気アイテムです。パンプスの色によって装飾の印象が変わるため、ドレスやスーツなどの色に合わせて選んでみましょう。


【デザイン】グリッターラメパンプスは煌びやかなアイテム

シンプルなドレスを選んだら、足元には煌びやかなグリッターラメパンプスを選ぶと良いでしょう。グリッターパンプスを聞くと派手なイメージを抱きがちですが、パーティーにはマッチする定番アイテムでもあります。

黒やシルバー、ゴールドなど種類も豊富にあるため、ドレスと合わせて選んでみてください。


パーティーには華やかなパンプスを履いて出席しよう


パーティーは、ドレスを着て出席することが多いため靴も普段とは異なるパーティー用のパンプスを準備しましょう。パーティーには、華やかなパンプスがとてもマッチします。多少派手なパンプスも、パーティーなら浮くことなくおしゃれに履きこなせるはずです。


AYAMEでは、オーソドックスなパンプスの他にも、ご希望のデザインのパンプスも作成が可能です。素材やデザインなど、じっくり打ち合わせをして世界に1つだけでのパンプスを作りましょう。パーティーで、他のゲストと差を付けたい、誰かと被るのは避けたいといった方は、ぜひAYAMEにご相談ください。