パンプスが削れるのはなぜ?ヒールやつま先を自分で修理する方法と予防法


「お気に入りのパンプスを履いていたら、かかとやつま先が削れてしまっていた」なんてことは、女性であれば誰でも一度は経験したことがあるかもしれません。


歩くときにぶつけたり衝撃が加わったりしやすいパンプスは、非常にキズがつきやすいアイテムです。

自分ではあまり気にならない場所のキズでも、階段やエスカレーターなどで人に見られる機会は多いため、しっかりと修理してきれいな状態を保つことが大切です。


今回は、パンプスのなかでもよく削れる部分と自分できる修理法について紹介します。

パンプスの削れた部分をお手入れして、きれいな立ち姿を手に入れましょう。



パンプスでよく削れる部分と修理法

パンプスでよく削れる部分としては、「ヒール本体の革の部分」「ヒールのゴム部分」「つま先部分」の3つが挙げられます。

パンプスの素材が削れてしまうと「もう直せない」と思われるかもしれませんが、場合によっては自分で修理することも可能です。


ここでは、パンプスのなかでよく削れる部分と修理法について見ていきましょう。



ヒールの本体の革の部分

ヒールの根本が付いているパンプス本体や、ヒールベースの部分などといった部分は、ぶつけやすく削れやすい部分です。

革などの素材が完全に削れて内側の地(プラスチック)が見ている場合は、一般の人が自分で修理することは難しいです。


しかし、ヒールの地が見えておらず多少変色している程度の場合は、自分で削れた部分を目立たなくすることができます。

DIYで対処したい場合は、以下の手順で修理を行ってみてください。


【修理手順】

1. パンプスに合った色の靴クリームを用意する

2. 柔らかい布でパンプスの汚れを落としておく

3. 靴クリームを削れた部分につける

4. 靴用のブラシで磨く

5. 柔らかい布やストッキングでツヤを出す


ほかにも、レザーのキズを目立なくしてくれるマニュキュアタイプの補修材を使って修理することも可能です。


ただし、スエードやエナメルなどの素材を使っている場合、自分で修理することは難しいです。

また、自分で修理することでかえってキズが目立つようになってしまう恐れもあります。

不安な場合は無理せず、専門店に持ち込んで直してもらうことをおすすめします。



ヒールのゴム部分

ヒールのゴム部分は、パンプスのなかでもとくに削れやすい部分です。

「ゴムの一部だけ削れて斜めになっている」「ゴムが取れてしまって、歩くときにコツコツ音が鳴る」という場合は、バランスが崩れやすくなったり滑りやすくなったりするため、早めに修理しましょう。


ヒールのゴムが一部だけ削れている場合は、もっとも低い場所に合わせて高さを削って調整することもできます。

しかし、一般の人がゴムを削ると左右差が出てしまう恐れがあるため、思い切ってゴムを新品に交換してしまうことをおすすめします。


【修理手順】

1. ホームセンターやECサイトなどでかかとのゴムを購入する

2. ニッパーやペンチを使って古いゴムと金属芯を取り除く

3. 新しいゴムをかかとにはめて、ハンマーで叩いて固定する

4. 余計な部分をカッターで切り取る


このように交換手順は非常に簡単ですが、誤ってパンプス本体にキズをつけてしまう危険性がある点に注意が必要です。

はじめは手頃な価格のパンプスで練習しておき、慣れてから気に入っているパンプスなどのゴムを交換するようにしましょう。



つま先部分

足の先端部分にあるパンプスのつま先は、ぶつけたり引っ掛けたりして削れやすい場所です。

知らないうちにボロボロになってしまうことが多い一方で、キズに気づきにくい場所でもあるため、定期的に状態をチェックしてあげましょう。


つま先部分が完全に削れて素材が剥がれてしまったときはプロでないと修理できませんが、多少擦れて色が変わっている程度の状態であれば、自分で修理することも可能です。


【修理手順】

1. 靴の色に近い靴クリームを用意する

2. 柔らかい布でパンプスの汚れを落としておく

3. 目の細かい紙やすりで、少しずつ削れてしまった部分をなめらかにする

4. 革クリームを少しずつキズに塗り込んで15分乾かす

5. 色味が自然になるよう、何度かクリームを重ねていく

6. 完全に乾いたら柔らかい布やストッキングで拭き上げる


ポイントは、革クリームを染み込ませるようにクルクルと馴染ませていくことです。

1回できれいになることもあれば、3~4回塗り込まないと馴染みにくい場合もあるため、色味を確認しながら少しずつ作業していきましょう。



パンプスが削れることを防ぐ対策法

パンプスが削れたときの修理法について見てきましたが、ご自身でできる修理には限度がありますし、キズを悪化させてしまったり不自然な仕上がりになってしまったりするリスクもあります。

そのため、そもそもパンプスが削れないように使用することが何よりも大切なのです。


パンプスがよく削れてしまう人は、間違った歩き方や姿勢で過ごしている可能性が高いです。

たとえば、ヒールの外側が削れてしまう人は外股で歩くクセがある、かかとばかり削れてしまう人は重心が後ろに偏っているというように、履く人のクセでパンプスの状態は左右されます。


パンプスが削れてしまうことを防ぐためにも、正しい歩き方を意識してみましょう。


1. 胸を張って、正面よりも少し上に目線を置く

2. 足を出すときに、体重を「かかと→指の付け根→指先」の順で移動させる

3. 膝をまっすぐにキープし、かかとからつま先の順に着地する

4. 踏み込みは親指で行い、1本の線の上を進むイメージで歩く


はじめは慣れないかもしれませんが、続けていくとパンプスが削れにくくなります。

正しい足の使い方ができるようになれば、適切な筋肉が使われるようになり、下半身太りの改善効果も期待できるでしょう。



パンプスが削れることにお悩みなら、オーダーメイドパンプスAYAMEにご相談!

歩くときに酷使するパンプスは、ぶつけたり引っ掛けたりしやすく、削れやすいアイテムです。

とくに、歩き方や姿勢に悪いクセがあるとパンプスが削れやすいため、正しい歩き方を意識することが大切です。


今回紹介したパンプスが削れたときの修理法は、あくまで応急処置であり、完全に修理することはできません。

状態をさらに悪化させてしまうリスクもあるため、不安な人はプロに修理を依頼することをおすすめします。


パンプスが削れることにお悩みの人は、ぜひオーダーメイドパンプスのAYAMEにご相談ください。

AYAMEは3Dスキャンデータをもとに、あなただけにフィットする靴型からパンプスを作ります。

しっかりと足に馴染んでくれるため、正しい歩き方や姿勢をサポートしてパンプスが削れることを防いでくれます。


また、革表面のキズ修理や底全面の張り替え、ヒールのリフト交換もプラン料金に含まれているため、万が一パンプスが削れてしまっても安心です。

月額5,500円で自分だけにフィットするパンプスが作れるAYAMEを、ぜひご利用ください。