top of page

【パンプスが大きい】試着しても大きい理由とは?対処方法や応急処置を紹介


試着して買ったはずのパンプスが「大きい」と感じた経験はありませんか?

パンプスが大きいと感じる理由はさまざまですが、サイズの合わない靴は脱げやすく歩きづらさを伴います。

とはいえ、気に入って購入したパンプスを履かずに処分するのは避けたいところです。

この記事では、パンプスが大きいと感じる理由から履けるようにするための対策方法などを解説します。


パンプスが大きいと感じる理由


パンプスが大きいと感じる理由は、主に4つ挙げられます。

思い当たることがないか、まずはチェックしてみましょう。


①足の大きさに合っていないから

基本的に、パンプスは自分の足のサイズ(足長)とワイズ(足囲)に合わせてフィットするものを選びます。

たとえサイズがピッタリでも、ワイズが合っていなければパンプスが足よりも大きく感じることがあるからです。


また、つま先やかかとに余裕があるパンプスも足にフィットしていません。

つま先が痛いからと大きいサイズのパンプスを選ぶ方もいますが、結果的に足にフィットしていないため歩きにくさを感じるでしょう。


パンプスの正しい選び方については、以下の記事を参考にしてください。

パンプスの選び方に悩んだら?自分に合ったパンプスを探すコツ


②足の大きさは左右同じではないから

足の大きさは、必ずしも左右同じとは限りません。

足の大きい方に合わせてパンプスを選ぶため、小さい足の方はパンプスが大きくなります。

市販のパンプスは左右同じ大きさのものしか購入できないため、このようなトラブルは珍しくはないでしょう。


③足のむくみが取れたから

夕方や仕事帰りなど足がむくんでいるときは、普段よりも足が大きくなりがちです。

むくんでいる足で履いたときにピッタリだったパンプスは、通常の足の大きさには合いません。

そのため足のむくみのない午前中に改めて履くと、フィットしていたはずのパンプスが大きく感じてしまう可能性があります。


④パンプスのインソールが薄いから

フィットしていたはずのパンプスが、徐々にゆるくなっているように感じてしまうのは、インソールが原因かもしれません。

というのも、パンプスのインソールは履いているうちに薄くへたってきてしまうからです。

インソールが薄くなるとパンプス内部が広くなり、徐々に足にフィットせず大きく感じるでしょう。


パンプスが大きいならインソールで調整してみよう


パンプスが大きいと、歩きにくく疲れるため履く機会がどんどん減ってしまう方もいるでしょう。

しかし、気に入っているパンプスであればインソールを活用すれば履くことはできます。

「どのように大きく感じるのか」によってインソールの使い方が変わるので、ご自身に当てはまるものを試してみましょう。


長さが大きい場合

つま先専用のインソールを使うと、縦の長さを補える程度にパンプス内部を小さくできます。

パンプス全体のインソールを敷いてしまうと、足全体が圧迫されて痛みが出るおそれがあるため、控えた方が無難です。


つま先の圧迫感が苦手な方や痛みを感じる方は、かかと専用のインソールを使いましょう。

かかと専用のインソールは、パンプスが大きくかかとが脱げてしまう方や靴擦れが気になる方にもおすすめです。

低反発のものを選ぶとかかとを優し