婦人靴【パンプス】の選び方を紹介|疲れない&痛くないパンプスならオーダーメイド


婦人靴の中でも、パンプスはあらゆる場面で履く機会が多いでしょう。

色やデザインなどが豊富ですが、TPOに合わせて履くことが大切なので注意が必要です。

また、パンプスが疲れてしまう方は、足に合っていない可能性があるため改めて選び方を確認してみましょう。

今回は、婦人靴のパンプスについて選び方などを解説します。


婦人靴【パンプス】はTPOなどに合わせて選ぼう

パンプスは、あらゆる婦人靴のなかでも代表にあたる靴です。しかし、どのようなシーンでも同じパンプスを履けばいいわけではありません。

マナー違反などにあたる場合もあるため、基本的なパンプスの選び方を覚えておきましょう。


入園式・入学式・卒園式・卒業式

スーツの色に合わせてパンプスを選ぶと、足元が浮くことはありません。

ただし、フォーマルな場所はつま先やかかとが露出しているオープントゥや、バックストラップパンプスはマナー違反となります。つま先とかかとがきちんと覆われているパンプスを選びましょう。

また、過度な装飾がないシンプルなものが好ましいです。ヒールの高さは、3~5cm程度の低いものを選ぶのがおすすめです。


詳しくは、こちらにまとめているので参考にしてみてください。


入園式に相応しいパンプスを選ぼう!お祝いの場にピッタリのパンプス選びを解説

卒園式に履くパンプスの選び方を解説!マナーを守って出席しよう


冠婚葬祭

結婚式でオープントゥパンプスを履くと、「つま先が出る→妻先→妻が先に逝く」というネガティブなイメージから、マナー違反となってしまいます。

華やかな場所なので、レーズやラメ、スパンコール、エナメルなどのパンプスがおすすめ。

結婚式のパンプス選びについては、こちらの記事にまとめているので参考にしてみてください。

結婚式のパンプス選びは5つのマナーを守ろう!おすすめパンプスもご紹介


葬儀ではエナメルやスエードはふさわしくないため、つま先とかかとの隠れている黒の飾りの付いていない、革のシンプルなパンプスを選びましょう。

ヒールは、ピンヒールやウェッジソールなどを避け、3~5cmの高さが好ましいです。5cm以上のヒールは華やかな印象を与え、ぺたんこのパンプスはカジュアルな印象を与えます。

また、派手な色のインソールも避けて、黒やベージュなどを選びましょう。つま先はラウンドトゥ、アーモンドトゥ、スクエアトゥのいずれかにしてください。


仕事

仕事の場合は、各職場の規則に従ってパンプスを選びましょう。

基本的には、つま先とかかとの見えないパンプスを選びストッキングを着用してから履きます。

オープントゥとバッグストラップのパンプスは、カジュアルな印象を与えるので避けた方が無難です。

オフィスカジュアルが認められている場合は、つま先とかかとが露出していても構わないケースもあるため会社に確認した上で履きましょう。


普段使い

普段使いのパンプスは、何を選んでも自由です。全身コーデを確認して、足元が浮かないように色やデザインなどを吟味しましょう。

季節や気温などによって、色やデザインを変えたりタイツや靴下を合わせたりしてパンプスファッションを楽しんでください。


使いやすいパンプスの色

仕事や冠婚葬祭、普段使いなど、あらゆるシーンで活躍するパンプスは色も豊富です。

今回は、使いやすいパンプスの色を紹介します。


黒のパンプスはマストアイテム

黒のパンプスは幅広いシーンで使えるため、まずは1足手元に置きましょう。

素材は、本革から合皮、エナメル、スエードなど様々にありますが、素材が異なると同じ黒でも印象が変わるため、いろいろ揃えてみると服装を考えるときに便利でしょう。


ベージュやグレーもあると便利

ベージュやグレーなど、明るい色のパンプスがあると、春や夏などの服装にも合わせやすくなります。

また、入園式や入学式、結婚式などに明るい色のスーツやドレスを着る場合にも足元が浮かないのでおすすめです。


疲れないパンプスを探そう

パンプスを安易に選んでしまうと、歩きにくく足が疲れてしまうことがあるため慎重に選ぶことが肝心です。

手持ちのパンプスが疲れてしまう方や歩いていると痛む場合は、以下で紹介する4つのポイントを確かめてみましょう。


サイズとワイズが合っている

パンプスは、足の長さであるサイズと足の大きさであるワイズの両方が合っていないと、歩きにくく疲れやすくなってしまいます。

特に、パンプスを履いて足の横が痛む方はワイズが合っていないおそれがあります。


サイズとワイズについては、こちらにまとめているので参考にしてみてください。

サイズの合うパンプスを選ぶ方法は?ピッタリのパンプスを見極めるコツ


柔らかい素材でできている

本革は履いているうちに足に馴染み、適度に伸びてくるのでおすすめです。逆に、エナメルは固くて伸びにくいため、疲れや痛みを感じる場合は避けた方が良いでしょう。

インソールも固くて薄いものよりも、柔らかくて適度に厚みのある方が足への負担が減ります。


ヒールが太くて低い

ピンヒールよりも太くて低いヒールの方が、安定感が増し歩きやすいです。つま先への負担も軽減されるため、痛みも和らぐでしょう。


つま先のデザインにこだわる

つま先の形が人それぞれ異なるように、パンプスのつま先部分もさまざまなデザインがあります。パンプス選びの際は、つま先のフィット感があるかどうか、圧迫感などがないかをチェックしてみましょう。


つま先のデザインについては、こちらにまとめているので参考にしてみてください。

もう『つま先が痛い』パンプスは耐えられない!快適パンプスの選び方



婦人靴のパンプスならオーダーメイドもご検討ください

婦人靴の代表とも言えるパンプスは、TPOに合った一足を履くことが肝心です。

この記事で紹介した内容を参考に、デザインや生地の種類、ヒールの高さなど、シーンによって使い分けてファッションを楽しんでください。


あらゆる場面で使いやすいパンプスは、本革で作られたシンプルなものです。

AYAMEのオーダーメイドパンプスは、上質な本革を使っており色やデザイン、ヒールの形状などを約8900万通りの中から選んでいただきます。

黒やベージュといった使いやすいものから、カラフルなものまで用意していますので、まずはご希望をお聞かせください。